「教えて!あんしん電気さかいくん」コラム Vol.11

エアコン「暖房に不向き」はウソ!省エネは暖房器具の特徴を知ることから!

こんにちは。あんしん電気さかい 酒井央員(ひさかず)です。
今回は、暖房器具の特徴の豆知識をご紹介します。

冷房と言ったら、すぐ「エアコン」を思い浮かびますが、暖房だといろいろな種類があります。それぞれ得意なことと苦手なことがあります。暖房器具の特徴を知り各お部屋にあった暖房機器を使うことで、無理のない快適&省エネな生活を送りましょう!

1.リビング →※暖房器具の使い分け(エアコン・ガスファンヒーター)

【床暖房 →エアコン】
家族が集まるリビングは、時間によって部屋にいる人数が変わります。暖房器具を使い分けることが節約のポイント!
オール電化の我が家のリビングは、床暖房とエアコンの併用をしています。起きてくる30前にタイマーでON。しかも早朝の電気料金も安い時間帯です。部屋を暖めるのに時間がかかるデメリットを、タイマー機能で補うことができます。

【ガスファンヒーター →エアコン】
即暖性とパワーを感じる石油ファンヒーター、ガスファンヒーターがあるお宅なら、特徴を活かしたエアコンとの併用もよいでしょう。
はじめはガスファンヒーターで早く部屋を暖め、暖まったら温度調節が得意でコストの安いエアコンに切り替えて温度を維持します。

特に石油ファンヒーターの場合は、燃料の石油の入れ替えや買いに行く手間も、その店に行く車のガソリン代も減ります!
但し、いずれも定期的に部屋の換気が必要となります。しかし、体感温度的には「併用」する事で満足度が高い結果になりますが、「節約」の観点からするとエアコンの1本使いがやはりお得だと思います。

2.寝室 →エアコン

暖房はタイマー機能をうまく活用してしましょう!寝る時○時間後にOFF、起きる前に○時ON!
布団や毛布、衣類など火の気には十分注意する必要があり、電気ストーブや石油ファンヒーターは避けた方がよい。

3.居室 →エアコン

子ども部屋など、やけどや火事の心配、また乾燥など健康への心配りも必要です。エアコンで上手く調節しつつ、ブランケットやひざかけなども併用するとよいでしょう。

4.洗面脱衣所 →電気ストーブ・ファンヒーター

居室ほど広くない洗面脱衣所には、器具を移動でき人体の近くだとすぐに体が温まる電気ストーブやファンヒーターがいいでしょう。消し忘れない様にタイマー機能や人感センサーのある暖房機器を選びましょう。ランニングコストが高い。

ヒートショック対策として、洗面所用暖房機もオススメです。
ヒートショク対策 →詳しくは、ブログをご覧ください

コストが高いのは「電気ストーブ」

右の表はランニングコストが高い順に並んでします。電気ストーブが、最もランニングコストが掛かる暖房器具となります。暖房器具の特徴を活かし、お部屋にあったものを使用しましょう!

最強暖房器具は「エアコン」

暖房の場合、電気ストーブだと「1」の電気で「1」しか暖かくできないけれど、エアコンのヒートポンプは「1」の電気で、最大「7」も熱エネルギーを得て暖かくすることができます。

発電所で電気を作るために燃やした燃料(1次エネルギー)を考えたとしても、エアコンの場合は発電所で燃やした燃料の約2倍の熱を移動させることができている。ガスや石油の暖房機器では燃料の熱量分、つまり「効率100%以上」は絶対にできないのだから、やはりエアコンには叶わないのです。

ヒートポンプってなに?

少ない投入エネルギーで、空気中などから熱をかき集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術のことです。身の回りにあるエアコンや冷蔵庫、最近ではエコキュートなどにも利用されている省エネ技術です。

ヒートポンプを利用すると、使ったエネルギー以上の熱エネルギーを得ることができるため、大切なエネルギーを有効に使えます。CO2排出量も大幅に削減できるから、地球環境保全にも貢献します。

暖房のポイントは“頭寒足熱”

床暖房なら室温は低めでも、床面からお部屋全体にぬくもりが広がるので、「頭寒足熱」の理想的な暖かさが得られます。最新エアコンのダイキンの新「うるさら7」など、各社が気流制御で床上を這うように暖気が広がり、エアコンでも理想的な“頭寒足熱”暖房が出来るようになりました。

数ある暖房器具のなかでもっとも経済的(光熱費がかからない)ものとは何でしょうか?ホットカーペットより光熱費が節約になる暖房器具。

それはコタツ。これぞ“頭寒足熱”暖房!
最強の節約は“こたつ”! 信じるか信じないかはあなた次第です(笑)

お問い合わせ

『暖房機器・エアコンの記事を見たよ』と言ってお電話下さい。
ご質問、お問い合わせは、お気軽にどうぞ。
あんしん電気さかい フリーダイヤル 0120-50-3651 まで。
(通話無料・ケータイOK!)

「教えて!あんしん電気さかいくん」コラム